エロチャット希望の女子大生とLINE交換をしてオナ電する

 加賀田の話していたことは本当でした。
Jメール及びワクワクメールのアプリをインストール。
登録作業を終えたのですが、通常だったらここで運営側からたくさんのメールが届いたりするもの。
それが一切ない。
これだけでも驚きを感じます。
加賀田は、悪質な出会い系サイトなどは、サクラから大量にメールが来るが、老舗の出会い系サイトでは、そのようなことは一切ないと言っていたけれど、その通りでした。
まず男が行動する必要がある。
メールを出す必要がある。
オナ電希望の女の子たちが投稿している掲示板を見て回りました。
新しい順に、メールを送信していく。
この地道なメールアプローチが必要なことも頭にいれ、じっくりと攻めていきました。

 

 葵ちゃんは19歳、エロチャット希望の大学1年目の女の子。
同い年の親しみもあり、返事をくれたようでした。
Jメールで、やり取りスタートです。
「女子大だから、出会いがなくて困ってて、エッチな気分がなくならないの」
と、メールで書いてありました。
「ムラムラ同士で、気が合うかもしれないね」と、僕。
「うん、男の人にエッチな言葉言われると、すごく反応しちゃって…」
「それじゃ、LINEで楽しんでみようか」
「うん」
スムーズ過ぎる交流でした。

 

 葵ちゃんとID交換し、トークから始めることに。
エロチャットだけなのに、僕も彼女もすごい興奮状態。
文字だけだけど、女の子と下ネタを話し合うのです。
股間の膨らみが極限。
フルに硬直状態でした。
適度に文字で話して、お互い興奮を高め、次に通話に持って行くことになりました。
初めて話す女の子の声は、童貞のハートに響きます。
男子校通いの僕は、やたらテンションを上げてしまう。
「オマンコ広げて」
「うん、見てほしいの…」
このやりとりだけでも、青春の大爆発をしそうなほどの興奮でした。
現在行われているオナニーの声。
強烈無比のエロいアヘ声。
それを聞いて興奮しない男なんて、世の中存在しません。
テンションを上げまくり、興奮状態も強烈にしながら、オナ指示。
JDも、不満を解消するため、夢中でクリちゃん弄り。
考えられないくらいの興奮とエクスタシーがそこにはありました。

 

 ぶっちゃけ、オナ電だけでもメチャクチャ楽しい。
ハチャメチャな興奮でした。
「時間のある時、また付き合ってくれます?」と、葵ちゃんからいってもらえました。
断る選択肢は全くありません。
次回も、今日と同様に楽しもうと、即答してしまっていました。

定番サイト登録無料

フェラ好き女子をフェラ友やセフレにするなら!

page top